MENU

総量規制対象外のカードローンのメリット

総量規制対象外のカードローンにはいくつのメリットがあります。

 

総量規制対象外のカードローンは総量規制の影響を受けないため、お金を借りれる上限は年収の3/1までという縛りがありません。

 

専業主婦の方は年収が0円のため総量規制の影響を受ける消費者金融系のカードローンを利用してお金を借りることは通常できません。

しかし銀行カードローンであれば総量規制の影響を受けないためご主人に安定した定期的な収入があれば一定金額までは銀行カードローンを利用してお金を借りれる可能性があります。

 

世間では消費者金融のカードローンの方が知られていると思いますが、総量規制対象外のカードローンには多くの魅力があるのです。

即日融資については、消費者金融のカードローンが秀でていますが、総量規制対象外のカードローンの中にも条件が整えば即日融資も可能となるケースが増えてきています。

総量規制対象外のカードローンは専業主婦に人気あるの?

主婦は働いている主婦と働いていない専業主婦に分かれます。

 

働いている主婦の方は自分自身に収入があるためお金を借りたいと思った時、貸金業であるため総量規制の適用を受ける消費者金融の審査に通過する可能性はあります。
そのため働いている主婦の方はいいのですが、問題は専業主婦の方です。

 

専業主婦の方は年収が0円のため総量規制が適用になり年収の3/1までしか借りることができない消費者金融からお金を借りることはできません。

 

主婦の方に配偶者貸付という制度もありますが、この制度の申請にはご主人の同意書や戸籍謄本、住民票などによる婚姻関係の証明が必要になり非常に手続きが面倒なのが現状です。

 

しかし専業主婦の方にお勧めのキャッシングがあります。
それは総量規制適用外の銀行カードローンです。

 

 

総量規制適用外の銀行カードローンであれば専業主婦ご自身の年収が0円であったとしても
ご主人に安定した定期的な収入があれば、銀行カードローンを利用して一定金額までお金を借りることができるため大変人気があります!

 

専業主婦の方は、子どもの養育費や家族の家計を支えるために一生懸命になっています。
お金を借りたいと感じる時は、当然でてくるでしょう。
そのような時、総量規制対象外のカードローンが大きな支えになってくれます。

 

総量規制対象外のカードローンでは即日融資はできないの?

 

昔は総量規制の対象外となる銀行カードローンは審査が厳しく、即日融資もできないといわれてきました。
しかし現在では条件をクリアすれば即日融資も可能となる銀行カードローンが増えてきています。 

 

そのため紹介させていただく銀行カードローンを検討する際、すでにその銀行の口座を開設しており、銀行も近くにある場合は、特に銀行カードローンをおすすめいたします。

 

即日融資については、消費者金融のカードローンが優秀であることは否めないです。
しかし総量規制対象外の銀行カードローンであったとしても、ケースにより即日融資が可能となる可能性もあるので、始めから総量規制対象外のカードローンを除外して考えなくてもいいでしょう。

 

総量規制について詳細情報

総量規制は借入金額に制限がかかり、不便に感じるところもありますが、多重債務者を減らすことが本来の目的なので無理な借り入れを防止している大変いい制度です。

 

総量規制の対象になるのは、小規模の事業者や個人消費者を対象にしたノンバンクなどの消費者金融、クレジットカード会社、信販会社が対象になります。(クレジット会社や信販会社のショッピングについては、割賦販売法になり総量規制の法律は適用されません。)

 

信用金庫や農協、銀行などの金融機関については総量規制対象外になります。

 

また、総量規制は年収の3/1を超えた借入を不可にしたものですが、総量規制の対象から除かれ、いわゆる個人への個人過剰貸し付けにはならないローンがあります。

 

それは自動車のローンや住宅のローン、高額医療費などです。

これらのものは、生活の営む上において不可欠なものですので総量規制の対象からは除かれ、これらの貸付を総量規制除外貸付といいます。

 

また、個人が事業を営んでおり、事業のための資金として借り入れる場合も、総量規制の対象からは除かれます。

 

上記以外に、総量規制の対象から除かれるのではなく、年収の3/1を超えた貸付になったとしても例外として返済能力があると判断すれば貸付可能となる場合があります。

 

それはお客様に一方的に有利な借り換えとなるおまとめローンなどです。
そのほかには配偶者同意貸付や緊急医療費などの貸付も該当し、総量規制例外貸付と呼ばれています。

 

総量規制対象外のカードローンには、多くのメリットがあり、みずほ銀行などのように消費者金融よりも低金利を設定している銀行が多いのも特徴の1つになります。

 

また、おまとめローンや借り換えローンに対応している銀行も多いので、まとめて低金利に設定できる場合もあります。

 

借入金額の返済についても、提携しているATMを利用すれば無料になるケースも多いのです。

 

また収入証明書にについては、消費者金融の場合は50万円を超える借入になると必要になりますが、総量規制対象外の銀行カードローンについては、200万円や300万円を超える場合などとなっており、必要となる基準額が高く設定されているケースが多いのも特徴です。

 

 

総量規制対象外の銀行カードローンはこちら

{みずほ銀行}

{みずほ銀行}の特徴

ゆとりと信頼の証、みずほ銀行カードローン『エグゼクティブプラン』
『※金利年3.0%〜7.0%』 

※住宅ローンのご使用によって、当カードローンの金利を0.5%引き下げします。エグゼクティブプランの年3.0%、それにコンフォートプランの年3.5%というのは低減適用以後の金利であります。
ご利用限度額は最大で1,000万円
さらに入会金、年会費は無料です!
24時間、お申込み受け付け中

主婦の方にも大変嬉しい銀行カードローン
・主婦でパートの方や配偶者に収入のある方は申込み可能です。
・主婦の方のご利用限度額は30万円が上限となります。

 

{ジャパンネット銀行}

{ジャパンネット銀行}の特徴

ジャパンネット銀行は、60秒ごとに新しいパスワードが生成される≪トークン≫を導入しており、非常に高いセキュリティ強化がはかられています。
セキュリティに不安を感じているお客様にはとくにおすすめです。

三井住友銀行や三井物産など日本で指折りの超一流企業から出資を受けて日本で初めてのインターネット専業銀行として設立。

 
ジャパンネット銀行を初めて利用される方は、初回借入の日から30日間無利息となります。
(約定返済の延滞等の理由により、無利息の結果にならないケースも考えられます)
 

{新生銀行カードローン レイク}

{新生銀行カードローン レイク}の特徴

レイクは現在、銀行カードローンに分類されます。
そのため新生銀行カードローン レイクは総量規制対象外となります。

しかしレイクはもともと消費者金融であったため消費者金融が得意とする即日融資の長所はそのまま引きついでいます。

また新生銀行カードローン レイクには銀行カードローンとしては珍しい無利息ローンを実施していますのでお金を借りるのが初めての方にもおすすめです。

{じぶん銀行}

{じぶん銀行}の特徴

auユーザーの方には大きなメリットがあります!

お借入金額が300万円までは収入証明書は不要です。

セブン銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、ローソンATMなどのじぶん銀行提携ATMでのお借入、ご返済については手数料は0円です。

総量規制対象だけどおすすめのカードローンは?

プロミス

 

総量規制対象外のカードローンは確かに人気ですが、高額の借り入れでなければ総量規制対象外のカードローンに執着しなくてもいいのではないかと思います。

 

銀行カードローンの審査に通過すれば問題ないかもしれませんが、カードローンの審査基準については各々のカードローンサービスにより異なりますので、銀行カードローンの審査に通過しなかったとしても消費者金融のカードローンの審査には通過する可能性も十分にあります。

 

消費者金融のプロミスは非常に人気がありますので、検討してみる価値はあります。
ただし、プロミスは消費者金融になりますので年収の3/1を超える大きな金額の借入はできませんので注意が必要です。

 

しかしプロミスでおまとめローンを利用するのであれば、年収の3/1を超える借入であっても返済能力が十分に備わっていると判断されれば融資を受けることができます。

銀行カードローンについて

銀行カードローンは、総量規制の対象外となり多くの金額を借りいれる際には、大変助かりますが、総量規制の本来の目的は無理な借入を防止すためのものです。
そのため、総量規制対象外となる銀行カードローンだからといって、お金の借り過ぎには注意しましょう。

 

銀行カードローンでもし審査に通過し、お金を借りることができたとしても借りたお金には当然利子がつき、借りいれる金額が多くなればなるほど利子の金額も多くなります。

 

銀行カードローンは主に高額融資を対象としていますが、利子のことを考慮すると銀行カードローンでも借り入れる金額は少ない方が当然いいのです。

 

 

銀行カードローンの審査は厳しくて通らない?

キャッシングサービスの審査を受ける場合、消費者金融のカードローンの審査を受けるべきか、銀行カードローンで審査を受けるべきか迷われるかもしれません。
確かに銀行カードローンの審査の方が一般的には厳しいとは言われていますので、年収の面などからみると若干厳しさはあるかもしれません。

 

しかし銀行カードローンは総量規制の対象外であるとか、金利の面では消費者金融のカードローンの金利に比べると金利を安く設定しているところが多いなど魅力が多いのも事実です。
キャッシングの審査は、色々な角度から見られますので、銀行カードローンの審査を始めから諦める必要はないでしょう。

 

Q&A

専業主婦は消費者金融のカードローンは使用できない?

消費者金融は貸金業にあたるため総量規制の対象になります。
そのため収入のない専業主婦の方については、残念ながら消費者金融のカードローンを利用することは現在できなくなっています。

 

しかしご主人に安定した収入がある専業主婦の方であれば総量規制対象外の銀行カードローンをご利用できますのでご安心ください。

総量規制について

総量規制が施行されてた本来の目的は無理な借入を防止するためのものです。
昔はグレーゾーン金利などもあり、金利水準が現在に比べて高かったこともありますが、大きな金額を借り入れるということは返済していくことが困難になる可能性も高く、できるれば避けた方がいいのは事実です。

 

確かに総量規制対象外のカードローンを利用すれば大き金額の借入も可能ではありますが、総量規制が施行された本来の目的を考えると、多額の資金を借り入れたい目的で総量規制対象外のカードローンを安易に利用していくのも考えものです。

 

しかし、長い人生の中ではどうしても多額の金額がどうしても必要になることはあるかもしれません。
総量規制対象外のカードローンを利用することのリスクも十分理解した上であれば、本当に大きな金額の借入が必要な時に総量規制対象外のカードローンを利用するのであればOKでしょう。

 

総量規制対象外のカードローンについては、消費者金融のカードローンに比べて金利が低く設定されていることも多く、効果的に利用していきたいものです。

総量規制対象外の審査に通過するのはどのような人なの?

キャッシングサービスの審査は多岐にわたりますので、一概にこの項目がOKであれば審査に必ず通過するとはいえません。
ほとんどの項目が合格水準に達していても1つの項目に引っかかり、審査に通過しないことも考えれます。
 
総量規制対象外のカードローンも審査は必ずあります。

お金を借りるのに審査がないところは基本的にありません。
総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンになりますので、一般市民の方からは非常に人気があります。

 

一般的な傾向で例を上げるとすると、いわゆる安定していると見なされる人の方が審査に通過しやすいという傾向はあります。
例えば公務員の方です。
公務員の方は一般のサラリーマンの方に比べて給料がべらぼうに高いわけではありません。公務員の方よりも高給なサラリーマンはあまたといるでしょう。

 

けれども公務員の方は定年まで安定した収入があるという点では優れているといえます。
サラリーマンの方は給料が高い企業に勤めているといっても、リストラ等のリスクは常にあるのです。
このことを考えると公務員の方は安定しているのです。

 

また年齢も関係する場合もあります。
年齢が極端に若い場合や高齢の場合です。それに加え勤続年数も短いと信用性の面で弱くなってしまう場合もあります。

 

総量規制対象外のカードローンの中には、レイクのように消費者金融の性質も引き継いでいるところがあります。
即日融資については消費者金融系のカードローンが得意としていますが、レイクは銀行カードローンであるにもかかわらず即日融資についても得意としています。

 

総量規制のカードローンは確かに多くの金額を借りることも可能ではありますが、無理しない範囲内で借りるようにしましょう。

 

じぶん銀行も総量規制対象外のカードローンになります。
auユーザーの方には大変嬉しいですね。

 

総量規制対象となるカードローンが悪いとは言えません。
総量規制とはもともと無理な借入を防止することが目的で制定されたものです。
アコムやモビットなど総量規制対象となるカードローンにもいいカードローンはたくさんあります。

 

総量規制対象外のキャッシングサービスについて

 

キャッシングサービスの利用は盛んにおこなわれています。
男性に限らずご婦人の方の使用も拡大してきていると思われます。

 

ちょっと前まではキャッシングサービスのムードはいまひとつ良いとは言えませんでした。
そこの所は様々な原因が想定されますが、無理がある借り受けをやり過ぎたことが要因となり自分自身を追いこんでしまった人達も相当数いたと思われます。

 

本来であればお金を融通して貰う場合は、適正金額の限度内に収める方が良い訳なのであります。
お金を借り入れると自明のことですが利息もつきますので負担は広がります。

 

当該の負担により、資金を借りちゃったことを通じて自分自身を苦しめてしまっては、効率よくキャッシングを利用しているとはいえません。

 

 キャッシングを活用し、お金を貸してもらう場合はどうあっても審査があるというわけです。

 

お金を借り入れる宣伝ポスターの中にはあたかも審査がないかのようにアナウンスしているところがありますがハイリスクのところでないのか勘ぐってみる方が無難でしょう。

 

通常、お金は安心できるお客様にお貸しします。
信用するに値する人かどうであるのか決定するために審査が行なわれる次第です。

 

キャッシングの審査については、これまでに比較対照し最近の方が厳しくなっていると思われます。
それに加えて、 総量規制の施行が行われ年収の3/1を上まわる借金は行って貰えなくなりました。
総量規制の影響によって、キャッシュを借り上げるのに限度が出来たため、確かにめんど臭い面はあります。

 

ところが総量規制はハードルが高すぎる負債に歯止めをかける機能を引き受けているのです。
 中には都合上大きい金額のお金を借り入れることが求められる顧客もいるのではないでしょうか。
その人たちにおいては総量規制とは無関係で借りれる方法を探し出せれば役に立ちますね。

 

実を言うと総量規制の対象外となり、お金を借り入れるやり方があります。
それは銀行カードローンを用いることによって可能です。
銀行そのものから提供されているカードローンのため、とんでもない安定感があるのです。

 

また総量規制の影響によって何にもまして困ってしまったのは専業主婦の方です。
専業主婦の方は年収が0円が災いし、借りることができる金額も0円と決められてしまい、総量規制に影響されるキャッシングサービスからはお金を借り上げる事が不可能になってしまったのです。

 

 専業主婦の方でも総量規制に取り締まられない銀行カードローンであれば、御主人に断固たる一定期間毎の収入があれば一定の金額までお金を借りる事が実現可能です。
銀行カードローンは専業主婦の方を後押ししてくれるでしょう。

 

ともあれ銀行カードローンであれば、元々は借り入れられないお金を利用できる可能性はありますが、お金の借り過ぎには十分注意が必要です。

 

しっかりと返済計画をたてて総量規制とは無関係の銀行のキャッシングサービスを上手いこと活用していくことが重要だと思います。